1. TOP
  2. 成分・特徴
  3. ビタミンC誘導体成分
  4. ニキビ跡のシミにリン酸アスコルビルNa?!

ビタミンC誘導体成分

ニキビ跡のシミにリン酸アスコルビルNa?!

関連のおすすめ記事

女性

リン酸アスコルビルNaはビタミンC誘導体種類の一つとされています。肌にとっても嬉しい効果があるとされているビタミンCですが、そのままでは化粧品と使う前に酸化してしまい、せっかくの成分が使えなくなってしまいます。

しかしそんなビタミンをビタミンC誘導体、つまりリン酸アスコルビルNaにすることによって安定して摂取をすることができるのです。

このリン酸アスコルビルNaは最近ではシミなどにも効果があるとしてさまざまな研究が行われており、世界中で注目を受けている成分でもあります。ここではそんなリン酸アスコルビルNaについて詳しく説明をしていきます!

リン酸アスコルビルNaの特徴

ビタミンC誘導体にはニキビやニキビ跡のシミ、さらにはコラーゲンの生成を促してくれる働きがあるので、肌のでこぼこを滑らかにしてくれる効果が期待できます。

このリン酸アスコルビルNaの特徴としては、まず即効性が非常に高い為、短期間の間で効果を実感することができるというところにあります。さらに水にも溶けやすい性質があるので、界面活性剤を使う必要もありません。

APPSとはなに!?

今までのビタミンC誘導体というのは安全で、安定していて、さらには上記でも説明したように水溶性であるため非常に水に溶けやすい性質をもっており、界面活性剤を必要としないでも化粧品を使用することなく配合が出来ていました。

そんなビタミンC誘導体よりも浸透性高く、さらに水溶性・脂溶性のどちらの良いところを掛け合わせた新しい成分が次世代型ビタミンC誘導体とよばれるAPPS(成分名:パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)なのです。

このAPPSのすごいところは、肌に塗ることによって、ビタミンCが真皮部分にまで浸透していくというのです。

ではどうしてAPPSはそこまで浸透していくのでしょうか?それは今までのリン酸型であるビタミンC誘導体に対し、新たにパルミチン酸といった脂質をくっ付けてあげたことで、より肌の深くまで浸透をしていくことが可能となったのです。

VCIPについて

ビタミンC誘導体の中でも油溶性というのは液体状となっています。なのでオイルなどと混ぜ合わせる際に他の化学剤を一切使用しないでもいいので、肌への余計な刺激を与えず浸透をさせることが出来るのです。

また、ビタミンC誘導体の水溶性のものというのは、即効性が高いので、使用してから数時間後に効果が出てくるのですが、このテトラヘキシルデカン酸アスコルビルというのは、逆にゆっくりと効果が出てくる為、より持続する時間が長いという結果が出ています。

ビタミンC誘導体の水溶性・油溶性の異なるこの2つの種類の特性を持つAPPSと持続性が非常に高いVCIPを掛け合わせて使う事でより高い効果を得る事ができるのです。

さらにこのAPPSには、コラーゲンを体内で保つ効果があるので、ストレスや肌荒れから守ってくれる力と高い保湿力があるとされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます