1. TOP
  2. 成分・特徴
  3. 保湿成分
  4. 美容成分の定番!プラセンタの効果と実態!?

保湿成分

美容成分の定番!プラセンタの効果と実態!?

関連のおすすめ記事

飲み物を飲む女性

美容サプリメントの成分であるプラセンタ。聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。今や美容成分の定番であるプラセンタには、意外な秘密が隠されています。

プラセンタの歴史

現在サプリメントとして女性から人気のあるプラセンタ。なんと紀元前のころから医療用として、また古代中国では不老不死の薬として使われていたと言われています。

日本では、江戸時代に医療関係や身分の高い人といった一部の間で不老長寿の薬として使われていたようです。

そして、約20年前に健康食品として、私たちでも簡単に買うことができるようになりました。

医薬品としてのプラセンタは、安全性や成分について厳しいチェックをされますが、健康食品でのプラセンタはそういったチェックはほとんど行われていないのです。

つまり、品質の良さについて知らずにプラセンタを買っている人がほとんどということになります。プラセンタに効果があるのか疑問に思っている方のために、プラセンタがもたらす効果を紹介します。

プラセンタの効果

美容成分として名前が知られているプラセンタですが、医薬品としても認めらている成分です。日本では、医療用医薬品、一般用医薬品、医薬部外品、健康食品やサプリメント、化粧品と、健康と美容に関する様々な製品に利用されています。

医療用医薬品の効果は、更年期障害の改善、母乳の分泌促進など、美容目的で病院にて処方されます。一般用医薬品ですと、肉体疲労、食欲不振などに効果があります。

そのほかにも、自律神経のバランスを整える効果があり、精神科や心療内科で治療のために使用されています。プラセンタは、体と心のバランスを整えるに最適な成分です。

プラセンタの実態

プラセンタとは、哺乳動物の胎盤のことを言います。

胎盤は、おなかの中の赤ちゃんに栄養を渡すためには欠かせない臓器です。胎盤には、赤ちゃんに渡すために集められた栄養や成長を促すための成分が集まっており、それを加水分解したものがプラセンタなのです。

プラセンタには、アミノ酸やビタミン、ミネラルなど、なんと数千種類もの成分が含まれています。

ですが、ひとつの成分がどこかに直接効果が見られるというわけではなく、様々な成分が合わさって生みだすことによって効果が得られると考えられています。

漢方薬の生薬の組み合わせで現代の医学では計り知れない効果が見られることと同じように、プラセンタも効果が生み出される仕組みや、どのような効果を持っているのかは今のところ完全にわかりません。

プラセンタの材料には、ヒトや豚、馬などがあり、健康食品では豚、馬が主に使用されています。海外では牛や羊が使用されたプラセンタもあるのですが、狂牛病問題によって厚生労働省が使用を禁止し、日本では医薬品での使用はされていません。

プラセンタの製品のパッケージには、馬や豚とでは違いが大きいと思われる書き方がされていることもありますが、プラセンタの主要成分のアミノ酸の量は、ヒト、豚、馬では大きな差はないこということがわかっています。

では一体、何が違うのかというと、プラセンタエキスという表示がカギとなっています。

プラセンタエキスって?

プラセンタのサプリメントのパッケージに「プラセンタエキス配合」と表示されています。

サプリメントを買う際に、価格はもちろん、成分量を見て製品を選ぶひとがほとんどだと思います。プラセンタはどのくらいの濃度のエキスが入っているかが成分表示されています。

しかし、このエキスの濃度は今のところ全く基準がないため、濃度が高くても低くてもすべてエキスとしてまとめられています。

濃度が目に見えるものなら見分けがつくことができますが、サプリメントであるプラセンタは見分けることができません。

なので、成分量の表示を見ても、製品を選ぶ基準には役立たないということになります。こうした現状から、(財)日本健康・栄養食品協会がプラセンタの規格基準を作って、基準を満たしたものは認定マークを表示するという動きがあります。

プラセンタの量が比較できる目安として、原末量という表示があります。

原末量とは、フリーズドライなど水分が完全に取り除かれた状態の粉末の量のことを言います。原末量は濃いエキスだと多くなり、薄いエキスでは少なくなるので、原末量が多く表示されている製品は効果が期待できると言っていいでしょう。

しかし、原末量の表示は義務ではないため、規格基準が満たされていない製品の販売もされています。

サプリメントなどを購入する際、疑問に思った場合は製造会社や販売会社へ問い合わせ、確認をするのも一つの方法です。信頼できる会社ならば、きちんとした返答がされるでしょう。

プラセンタ製品を選ぶポイント

安全性のチェック

まず、ウィルスや雑菌がちゃんと処理してあるかがポイントです。フィルター処理や加熱処理をすることでウィルスや雑菌を処理できます。

雑菌の場合だと、目の細かいフィルターに通して取り除くという方法です。

もっと小さいウィルスはフィルターだと通り抜けてしまうので、加熱処理をしていないと思われる「フレッシュ」「生」といった言葉が表示されている製品には注意が必要です。

また、ホルモンが含まれていると思わせる表示にも気をつけましょう。日本では、ホルモンを含む製品の製造および販売は医療用以外では禁止されています。

そのため、ホルモンが含まれていると思われる表示がされた製品は、宣伝が過剰であるか、注意が必要な製品であると考えましょう。

素材のチェック

最近では、植物性プラセンタや、魚由来のマリンプラセンタというものも登場しています。しかし、効果や成分は動物由来のプラセンタとは違います。

それぞれの成分の効果があるとは思いますが、新しい素材であるため、成分の研究がおこなわれるものと区別しましょう。

動物由来のプラセンタが植物や魚由来のプラセンタと効果が同じと思わせるような広告に注意し、同じ効果を期待するのはやめておいたほうがいいでしょう。

価格のチェック

プラセンタのサプリの価格は高価なのもから安価ものまでさまざまです。プラセンタが主成分であるカプセルタイプのサプリメントの価格は、1か月分が3千円~1万円が妥当です。

また、ドリンクタイプの場合は製品の差が大きいため、これとは違ってきます。あまりにも安い製品は、量や品質が落ちている可能性が高いです。

また、「高価だから効き目がありそう」というイメージで高額に売り出しているものもあるかもしれません。

プラセンタと高級な素材を合わせている製品の場合は違うかもしれませんが、プラセンタが主となっている製品は、この価格帯を目安に選びましょう。

プラセンタは高額なサプリメントが多いので、しっかりチェックをし、安全で納得できるものを使っていきたいですね。

プラセンタサプリメントおすすめランキングを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます