1. TOP
  2. 成分・特徴
  3. 保湿成分
  4. 化粧品などに使われているセラミドの種類ってなに?

保湿成分

化粧品などに使われているセラミドの種類ってなに?

関連のおすすめ記事

女性

セラミドには種類があることを知っていますか?セラミドの種類と、その効果についてご紹介します。

セラミドの種類

セラミドとは、人の肌に多く存在し、スフィンゴイドという成分と脂肪酸が結合したものです。組み合わせにより、様々な効果が見られます。その種類は、主に7種類です。

セラミド1は水分を保持する働きを持ち、外側からの刺激を防ぐバリア機能をもっています。アトピー体質の人はこのセラミド1が極端に少ないと言われています。

セラミド2は皮膚を保湿する力が強いです。

セラミド3は水分の保持、シワを抑制、減少させます。年齢を重ねるとともに減少するのが特徴です。

セラミド4、5は角質の脂質のバリア層を作って保持します。

セラミド6はセラミド3と同様の働きをし、肌のターンオーバーを正常に戻します。

セラミド7は細胞の増殖の分化をコントロールして、皮膚の菌のバランスを整えます。

この種類を見ても分かるように、アトピーがある方はセラミド1がとても少ないと言われており、もし体内のセラミド1が少ないという方は注意が必要です。また年齢を重ねる事によって3,6が減少していってしまいます。

成分表を確認!

化粧品などで使われているセラミドはさまざまな方法で作られていますが、中にはセラミドに似た成分で、実際はセラミドではないのにセラミドの成分であるように書かれている場合があります。

購入する際はそれが本物のセラミドであるかどうか成分表をみて確認をしましょう。また、以下のものがセラミド表記で確認できるものとなります。

天然セラミド

これは文字通り、天然の素材が原料となっているセラミドです。

馬や植物から抽出されたもので、そこにはさらにいくつかのセラミドやコレステロールが入っているので、肌の浸透率に優れたものでもあり、表記もちゃんとセラミドとなっています。

しかし価格は他よりも断トツで高いので続けて購入するのは難しいかもしれません。

活性型セラミド

これはとても安全なセラミドで、なぜなら体内にもともとあるセラミドとまったく同じ割合で作られたものだからです。

さらに天然セラミドと同等の効果も期待でき、価格もお手ごろな物が多いのでとても使っていただきやすいものでもあり、表記もちゃんとセラミドとなっています。

疑似セラミド

これには注意が必要で、セラミドに似ているだけでセラミドではありません。販売元が勝手に名付けているだけの成分なので注意をしてください。

また、成分表にはセラミドと表記ができないので、N-(テトラデシロキシヒドロキシプロピル)-N-ヒドロキシデカナミド、またはセチルPGヒドロキシエチルパルミタミドとなっています。

期待のこんにゃくセラミド!

ここまで紹介してきた天然セラミドは先ほども言ったように価格がとても高く、なかなか気軽に使えないというデメリットがありました。

しかし最近ではこんにゃく芋にセラミドが多く含まれていることが分かり、安価で安心して使えるようになってきました。

もちろん中にはアレルギー反応が出てしまう方もいるので、試供品なのでテストをしてから使ってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます