1. TOP
  2. 成分・特徴
  3. 美白成分
  4. ほとんどの商品に使われている!?トラネキサム酸

美白成分

ほとんどの商品に使われている!?トラネキサム酸

関連のおすすめ記事

テラスにいる女性

トラネキサム酸という言葉を知っていますか?様々な商品などで使われているのですが、今までこの成分に注目して商品を買っていた!なんて人はほぼいないかとは思います。

ここではそんなトラネキサム酸について詳しく説明していきます。

肌細胞のダメージに改善効果あり!?

トラネキサム酸は、化粧品などではなく、医療現場でもともと止血をするために開発された成分なのです。

そんなトラネキサム酸が美白成分として注目され始めたのは、製薬会社によって実は肝斑にも効果があるトラネキサム酸を主成分として作られた内服薬が開発されたことがきっかけでした。

ここからトラネキサム酸が美肌成分として作られるようになったのです。

トラネキサム酸が化粧品に含まれている場合、それは誘導体成分の“m-トラネキサム酸”といったアミノ酸の一種であることがほとんどです。

このm-トラネキサム酸は美肌剤として認可が厚生労働省から出されている成分で、炎症性色素班と老人性色素班を排出してくれる働きがあります。

このトラネキサム酸は大手化粧品会社である資生堂が開発した成分でもあり、肌細胞が受けてしまったダメージ修復にも効果が期待できます。

トラネキサム酸の効果が期待できるシミの種類

老人性色素斑肝斑の改善にも期待ができるトラネキサム酸にはメラニンの生成の抑制をする効果があるので、シミ予防ができます。さらには肌の赤み・かぶれ、さらにはニキビ跡などの頑固なシミの改善にも予防・効果があるのです。

また、特にトラネキサム酸は肝斑により効果があるとされています。

しかしこれは肌に直接塗っても効果が無く、服用のみに効果が発揮されます。トラネキサム酸は肝斑の原因とされているプラスミンの働きを抑えてくれるので、肝斑の予防をしてくれるのです。

ここで勘違いをしがちなのがあくまでもこれは予防であって改善ではありません。もちろん既に出来ているものにも効果はありますが、即効性は優れていないため、効果を実感するためには長期間の仕様が必須となります。

安心できる肝斑対策の成分とは?

トラネキサム酸というのは、ドラッグストアでは購入することは出来ず、手に入れたい場合は皮膚科に行って処方をしてもらいます。

病院に行ってわざわざ処方してもらう成分だと思うととても慎重に扱うものかというと、そういうわけではなく、特別な副作用もありませんので、安心して使っていただくことができます。

ただ、使用方法だけは注意点があります。病院で処方されているトラネキサム酸を服用した場合、中には生理痛などがいつもより重くなるといった副作用があります。

またトラネキサム酸は服用よりも肌に付けて使用する方が副作用もないため安全ともされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます