1. TOP
  2. メイク・コスメ
  3. スキンケア
  4. 冬の乾燥も怖くない。今だからできる秋のスキンケア!

スキンケア

冬の乾燥も怖くない。今だからできる秋のスキンケア!

関連のおすすめ記事

眠っている女性

朝晩が涼しくなり日中も過ごしやすくなってくると秋を感じ始めます。爽やかな気候に反して、肌を触るとゴワゴワしている、顔全体がくすんでいるなど肌トラブルを抱えていませんか?そんな秋の肌をなんとなく過ごしてしまうと、冬になって何をしても乾燥が止まらない、乾燥地獄にはまってしまいます。季節の変わり目の肌を理解し、厳しい冬を乗り切りましょう。

秋の肌は夏の肌

肌の生まれ変わりのリズム(=ターンオーバー)のサイクルは、通常約28日間といわれています。つまり秋の肌は、暑さも紫外線もピークの頃に生まれた夏の肌なのです。当然、角質内にはメラニンがたくさん含まれています。
また夏は冷房の効いた室内で過ごすことが多く、血行が悪くなりがちで充分な栄養が与えられなかった未熟な細胞が肌表面に現れているのです。

肌に隙間ができる

春から夏の強烈な紫外線を受けた肌は、紫外線の侵入を防ぐため、夏の終わりは通常に比べて肌表面の角質がかなり厚くなっています。また、急激な湿度の低下は、角質細胞そのものの水分だけでなく、細胞同士を結び付けていた水分まで奪い、角質細胞はガタガタになってしまいます。

その隙間からちりやほこり、紫外線などが入り込み、肌荒れの原因になります。そのような肌は、肌の水分量が不足するだけでなく、乾いた砂が水分をはじきやすいように、乾燥した角質にいくら保湿効果の高い化粧品を使っても成分が浸透しにくくなり、肌はどんどん乾燥していってしまうのです。

秋の肌に必要なスキンケアアイテム

まず、そろそろスキンケアアイテムを美白中心のものから保湿中心のものへ切り替えます。そして、本格的な乾燥シーズンに突入する前に、不要なメラニンを多く含んだ未熟な角質を取り去ることが必要です。

しかし通常の角質細胞を炊き立てのお米に例えると、乾燥している肌はそのお米が乾いた状態です。パリパリで、洋服などに付くとなかなか剥がれません。つまりたまった角質を強引に取り除くことは肌を痛める原因になります。

そこで毎日のお手入れで、簡単に取り入れられるものに、ふき取り用の化粧水があります。肌を柔らかくし、無理なく余分な角質を取り除き、後から使うスキンケアの浸透を高められます。

また角質ケアの第一歩は洗顔です。毎日のクレンジング、洗顔を丁寧に行うことはもちろんですが、ゴワつきが気になるときに週一回のスペシャルケアとしてスクラブやパックなど角質ケア用の洗顔アイテムを取り入れることをおすすめします。

角質を取り除いたあとは、スキンケアの浸透も高まります。シートパックで、角質層にたっぷりのうるおいを届けましょう!

秋の夜長はゆっくりと肌をいたわり、夏の疲れを癒すことで、厳しい冬の乾燥に負けない肌を手に入れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます