1. TOP
  2. メイク・コスメ
  3. ヘアケア
  4. いつもの方法を見直すチャンス☆正しいお手入れを知って美しい髪を手に入れよう♪

いつもの方法を見直すチャンス☆正しいお手入れを知って美しい髪を手に入れよう♪

関連のおすすめ記事

髪を触る女性

寒さが厳しくなるこの季節・・・お肌の乾燥とともに、髪の毛の乾燥も気になりますね!

実は、お肌より髪の毛の方が乾燥しやすいことを知っていますか?特に一度乾燥してしまってバリバリになってしまった髪の毛を元に戻すことは、ほぼ不可能なのです。トリートメントや美容液で、ある程度は修復できますが、それでも元通りにはならないのです。

ですから、まずは乾燥させないことがなにより大切なのです。乾燥しパサついた髪の毛にしないためにも、これから生えてくる髪を大切にすることが第一!なんです。それにはまず、シャンプー方法を見直してみましょう。

シャンプー前には必ずブラッシングを

まずは、シャンプー前にブラッシングして、髪の表面の汚れを浮き上がらせましょう。

激しくブラッシングすると髪表面のキューティクルを傷めてしまう恐れがありますので、優しく丁寧にブラッシングします。 このときのブラシは静電気防止効果のあるブラシがオススメです。

シャンプー前のブラッシングは髪のもつれも取り除く効果がありますし、髪がもつれたままだと、摩擦によってますます乾燥しますから、毎回丁寧に行っていきましょう。

お湯だけで予洗いしましょう

シャンプー剤をつける前に、まずぬるま湯で予洗いをすることが大切です。軽い汚れならばぬるま湯だけで充分に落ちますし、髪の毛を充分にぬらしておくことで、シャンプー剤の泡立ちもよくなります。髪全体を、1~2分くらいかけて、充分に濡らしましょう。

お湯だけの予洗いで、汚れ全体の8割を落とす効果もあるといわれていますので、丁寧に行っていくのがしっかりと汚れを落とすポイントとなります。

シャンプー剤は泡立ててから

さあ、本格的なシャンプーの始まりです。

シャンプー剤は少量使うようにします。たくさん使いすぎても無駄なばかりでなく、かえって髪を傷める原因になることもありますので、少量のシャンプー剤をまず手のひらで泡立ててから髪につけます。

原液のまま地肌につけると、洗い流しても地肌にシャンプー剤が残り、地肌を傷める結果になってしまいます。ですからシャンプー剤は必ず泡立ててから使用します。

指の腹を使って、優しく地肌をマッサージするように洗います。 ゆっくりていねいに、頭皮全体を洗っていきますが、この時洗うのは髪ではなく、頭皮を洗うという感覚で行っていきましょう。ゴシゴシは絶対に厳禁です!丁寧に優しく、がコツです。

すすぎは徹底的に!

すすぎは髪全体を3分以上かけておこなってください。すすぎは特に重要なポイントとなってきます。少しでもシャンプー剤が髪に残っているとトラブルの原因になります。特に頭皮のすすぎは完全に!自分では充分にすすいでいるつもりでも、充分でない場合があります。

また温度設定は少しぬるいかな?という丁寧の温度にしてすすいでください。熱めのお湯ですすぐと、頭皮の潤いまで洗い流してしまい、乾かしたときにますます乾燥してしまいますので、ぬるま湯がオススメです。こちらもゆっくり丁寧に!がコツです。

トリートメントはじっくり蒸らす

次はトリートメントです。

シャンプーして汚れが取れた髪は、実は無防備状態になっています。この状態でトリートメントをする事によって、美髪を手に入れることができますので必ずシャンプーの後はトリートメントを行うようにしましょう。

まずは毛先からトリートメント剤をつけます。指の腹や手のひらで丁寧につけます。髪の根元までつけたら、ホットタオルで頭皮全体を覆い、そのまま5分ほど蒸らします。蒸らすことで髪の中までトリートメント剤が行き渡り、痛んだ髪を修復しツヤのある髪に仕上げることができます。

蒸らしが終わったら、地肌にトリートメント剤が残らないよう丁寧にすすぎます。

シャンプー後濡れたまま放置しない!

シャンプー後の濡れた髪はすぐに乾かすことが大切です。いつまでも濡れたままだとキューティクルが開いた状態で、潤いも逃げてしまいますし、雑菌も繁殖してしまい匂いの原因にもなってしまいます。美しい髪にするためには必ずすぐに乾かすようにしましょう。

乾かし方としては、タオルドライでしっかり水分を取ったあと、ドライヤーで乾かします。髪の流れにそって、ドライヤーをかけます。その際、あまり髪に近づけると熱風で髪を傷めてしまいますので、20センチほど離して乾かします。根元から毛先にかけて、手早くしっかり乾かしましょう。

髪はとてもデリケートです。ですが、きちんと手入れをすることで美しい髪を手に入れることができます。今回ご紹介した簡単なお手入れ方法なら、気軽にできますよね。あなたもこの方法で、ぜひ美髪を手に入れてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます