1. TOP
  2. メイク・コスメ
  3. メイクアップ
  4. マイナス5歳も夢じゃない!若くて可愛いい女性に見えるメイク方法!

メイクアップ

マイナス5歳も夢じゃない!若くて可愛いい女性に見えるメイク方法!

関連のおすすめ記事

メイクアップ

どんな年齢になっても女性ならば若々しくて可愛い印象を与える顔には憧れてしまいますよね。

ここではそんな憧れの顔になるために、5歳若返る事が出来るとっておきのメイク方法をお教えいたします!
しかも普段使用している化粧道具ででき簡単なのでメイクに自信が無い方にもお勧めな方法です♪

このメイクなら整形をしたような仕上がりになるので、ぜひあなたも挑戦してみてくださいね!

1、まぶた全体にラメが入ったライトベージュのシャドウを使用する!

まずはシャドウ選びですが、ここではラメの入ったライトベージュのシャドウを使っていきます。

ラメの入ったライトベージュを使うことによって加齢によって出来てしまうまぶたのくすみが減り、さらにラメが入っていれば光が当たった時に、まぶたに張りがあるように見せる事ができるので、若々しさがグっと上がります。

使い方としてはまぶた全体にチップで丁寧に付けていき、仕上げに指で軽くなじませるようにしてあげると化粧崩れが軽減されます。

2、目の際にブランシャドウをつけて引き締める!

次にまぶたで使ったブラウンのシャドウよりも濃い色のシャドウを目の際に付けていきます。少し細い幅でつけていくことで目元を引き締める効果があります。

ここで注意が必要なのがついより目が大きく見えるからといって線を太くしてしまいがちですが、これはまぶたのくすみにつながってしまうのでやらないようにしてください。

3、アイラインでまつ毛とまつ毛の隙間を埋めていく

ブラウンシャドウを付けた上から、黒色のアイライナーでラインを描きます。ここではリキッドタイプを使うと引きやすいのでお勧めです。

またラインを描く際のポイントとしてまつ毛とまつ毛の間を埋めていき、一本の線でつなぐようなイメージで引いていくようにしましょう。そうすることにより目元が締まり、そして黒目が際立ち、目全体が大きく見えます。

また、下がってしまった目尻を若々しく見せる為に、ラインは少し上方向にあげて描いていきましょう。

しかし目尻の線があまりにも長いとおかしな仕上がりになってしまうので、ラインを描く際には鏡で確認し、目を開いて少しずつ足していくとうまくできるようになります。

4、ブルーシャドウを下まぶたの目尻から黒目の部分まで入れる

今度は下まぶたの部分にブルーシャドウを使ってラインを入れていきます。寒色にはたるんでしまった下まぶたの引き締め効果があります。入れる場所は目尻から大体黒目の部分までいれるようにしましょう。

また逆に暖色のシャドウを入れてしまうと反対にくすんだ顔になってしまいます。そして年齢よりもくすんだまぶたとなってしまうので、ここには使わないようにしましょう。

5、下まぶたにライトベージュシャドウを入れて仕上げ

先ほど何も付けなかった下まぶたの目がしらから黒面の部分までに今度はライトベージュのシャドウをつけます。このライトベージュによって白目がはっきり見え目元のイメージがとても明るくなり、好印象を与える若い顔へとなっていきます。

6、マスカラをダマにならないように塗っていく

次にマスカラを使って目全体にボリュームを出していきます。ここではダマにならないように放射線状にして塗っていくのがポイントとなります。また目が華やかに見えるようにボリュームが出るタイプを選んで使っていきます。

マスカラはダマになりやすいので、コームなどを使って仕上げていく事もこの若々しいメイクを作るポイントの一つとなります。

7、眉はストレート眉にする

眉が細く、円を描いているような形をしているととてもおばさんっぽく見えてしまいます。眉は太めでストレート気味に作ってあげましょう。また眉山は鋭くしてあげると顔の印象が引き締まり、バランスも整ってきます。

8、眉パウダーを使って眉頭を整えていく

このままですとまだ眉頭の位置がそろっていない事がおおいので、眉パウダーを使って描き足していきます。こうすることにより左右対称の美しい眉となり、顔の印象も整ってきます。

9、リキットタイプのリップを使って口角を上げる

最後にリキットタイプのリップを使って仕上げていきます。唇は口角が上に上がって見えるようにしっかりとラインを描くようにして塗っていきます。こうする事によって女性らしい若々しいイメージに仕上げていくことができます。

また、艶があるタイプを選ぶと唇に立体感が生まれるので若々しくも大人の女性を演出する事ができます。

ぜひ今回ご紹介したテクニックを使って若々しい顔を手に入れてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます