1. TOP
  2. 美容と健康
  3. 間違った対処は悪化させる!初期症状の風邪を早く治すその方法は?

間違った対処は悪化させる!初期症状の風邪を早く治すその方法は?

関連のおすすめ記事

風邪をひいている女性

寒くなるこの季節はもちろん、季節の変わり目になると風邪を引き人が増えますね。

風邪をひいちゃったかな?と思ったとき、風邪を悪化させないためにも早めの対処が肝心です。つらい風邪はとにかく早く治したいものですし、間違った対処法ではかえって風邪を長引かせてしまう可能性もあります。 

そこで、風邪を長引かせない、早く治したい人にオススメの対処法をご紹介します。


風邪は汗をかけば治るは大きな勘違い!

風邪かな?と思ったときにとにかく暖めて、たくさん着こんでとにかく汗をかく!は大きな間違いです。無理矢理汗をだしても風邪は良くなりません。治るどころか熱がこもって脱水症状になる方が恐ろしいのです。 

水分補給をしっかりとして安静できる状態でぐっすり眠ることが一番なのです。

部屋の湿度に気をつけましょう!

空気が乾燥する季節には、注意をしていないと部屋の中がカラカラに乾燥してしまいます。部屋の湿度が保てていないと、風邪のウィルスが活発に活動してしまい風邪の治りを妨げてしまいます。また、乾燥はのどや鼻の粘膜にもよくありません。

咳や鼻水も出やすくなってしまいますし、ウィルスが体内に侵入したときに体外に出しにくくなってしまいます。加湿器などを使用して、50パーセント以上の湿度を保つよう注意して下さい。

体を温める食事や飲料を取りましょう!

体の免疫機能は、体温が低いときよりも高いときの方が活発になります。体を温めるといわれているショウガゆずなど積極的に取り入れ、免疫機能を高めましょう。

また、風邪をひいているときは胃腸の機能も低下していることが多いので、消化のよいものを食べることをオススメします。野菜のスープやおかゆ、お雑炊などがオススメです。

いずれも体を温めて体力をつけ、免疫機能をアップさせてくれることが大切です。

熱がある場合に冷やす場合がおすすめの部位とは?

風邪をひいた場合には体の内側、外側から温めることが大切ですが、熱が高い場合には体の一部分を冷やすことが効果的です。一般的にはおでこを冷やしますね。

おでこだけではなく、脇の下や首の頚動脈の部分、そしてできれば足の付け根などを冷やすと熱が効率よく発散されます。 

おでこは氷などで冷やし、首や脇や足の付け根などは、水で濡らしたタオルのどを当てましょう。また、熱が高い場合には足首なども冷やすと効果的でしょう。冷やすと気持ちが良いという場所を探して冷やすことも効果的とされています。

睡眠は特効薬!

風邪をひいたらとにかく休むことです。 睡眠万能薬そして特効薬でもあります。

風邪の引き始めであれば、ぐっすり眠るだけで治ることも少なくありませんし、質の良い睡眠は免疫力もアップさせ風邪を引きにくくします。 

本格的に風邪をひいてしまった場合は特に睡眠は大切です。 ぐっすりと休み、質の良い睡眠をたっぷりとれば風邪も早く治るでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます