1. TOP
  2. 美容と健康
  3. 運動
  4. 肩こりを治して姿勢までキレイになってしまいましょう!

肩こりを治して姿勢までキレイになってしまいましょう!

関連のおすすめ記事

ヨガする女性

ひどい肩こりはそこから頭痛や腰痛を引き起こします。毎日大変つらい目をすることになります。そんな肩こりを防止、もしくは治すためにまずはあなたの姿勢を改善することに気をつけてみましょう。きっと体がすっきりしてくるはずです…。

毎日のオフィスワークや家事で肩こりに悩まされている方も多いのではないでしょうか?最近ではスマートフォンの使い過ぎなどで肩こりになる人もいるようです。肩こりは毎日肩が張っていたいだけではなく、ひどくなると頭が痛くなったり、腰が痛くなったり日常生活を送るのにより支障が出るようになって今います。

肩こりを治すためにマッサージにいったり、病院へ行く人もいるかもしれませんが、ここではそんなつらい肩こりから解放されるために、まずはあなたの姿勢を見直すことを提案したいと思います。姿勢を良くすることに気を配るだけで、肩こりに驚くべき効果が発揮されるのです!

肩や首のストレッチで姿勢美人になろう!

① 肩甲骨のストレッチ パート1
まずは、筋肉を伸ばしましょう。
1. まっすぐ正面を向いたままで頭を右側に倒して、耳を肩に近づけます。
2. そのまま30秒同じ姿勢を保って下さい。
3. 左側も同じようにしましょう。

次に、筋肉を鍛えていきましょう。
1. 肘から上を空に向けて両腕を開いたまま肩甲骨を下側へ動かします。
2. 十分な位置まで下げたら、そのままの姿勢を5秒間保ちましょう。
3. これを、10から20セット繰り返します。

② 肩甲骨のストレッチ パート2
1. まずは立ったまま足を肩幅に開きます。息を吸いながら手を上に向かって伸ばし、両手のひらを真ん中で合わせます。
2. 合わせた手のひらを外側に向けて肘を後方へ引っ張りながら、肩甲骨が真ん中の方へよっていくように腕をゆっくりと下へおろします。
3. 肩甲骨を体の中心へ寄せたまま、ゆっくりと息を吐きながら肘を胸の位置までおろしましょう。

デスクの前でも簡単に肩甲骨のストレッチ! パート1

1. 顔の前で両方の手のひらから肘までをくっつけます。このとき肩甲骨が外側に開くように意識しましょう。
2. 腕をくっつけたまま、肩甲骨が上に動くよう意識しながら、腕を上に向けて大きく動かしましょう。
3. 腕を広げ、胸を張って両肘を後ろへ引っぱり、肩甲骨を体の中心へ寄せるように動かします。

デスクの前でも簡単に肩甲骨のストレッチ! パート2

1. まっすぐ立ったまま両手を肩の上におきます。
2. そのままの姿勢で、肘で輪を描くように10回肩から大きくまわします。このとき肩甲骨から腕が回るように注意しましょう。
3. 同様に反対側へも10回まわしましょう。

どうでしょう?こんな簡単なエクササイズを毎日するだけで、凝り固まった肩こりを柔らか区ほぐして、体中をすっきりさせてくれます。ちょっと体を動かすだけで、筋肉がほぐれて肩こりを予防することにもなります。姿勢の良い、すっきりした体は健康的で毎日を楽しく快適に送ることができます。机の前に座りっぱなしだな、と感じたときにはちょっと休憩して簡単なエクササイズで体をすっきり快適にするよう気をつけて下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます