1. TOP
  2. お悩み・効果
  3. 肌荒れ
  4. 「吹き出物」が出来やすくなる生理の前にやるべき対策の仕方

「吹き出物」が出来やすくなる生理の前にやるべき対策の仕方

関連のおすすめ記事

洗顔後の女性

女の人の体は、ホルモンの分泌の量が28日間の周期で繰り返し行われています。肌はとても敏感で繊細に構成されています。

主に、プロゲストロンという黄体ホルモンが細胞から排出している生理前の期間は、お肌が敏感に反応し何らかの問題が起こりやすくなるのです。

生理前はなぜお肌に問題が起こりやすいの?

ホルモンの兼ね合いが整っていたのにばらばらになりやすいと言われる時期が生理前なので肌に問題が起こりやすく、問題も起こしやすくなっています。

黄体ホルモンは、皮脂の分泌の量を増やす働きを持っています。それが多く分泌されれば顔の皮脂が増します。その事により毛穴の角質肥厚の要因になったりするので肌の問題に関係しています。

そして、角質で厚くなって毛穴の出口が塞がってしまう事で皮脂に汚れがたまりやすくなります。吹き出物の原因となっているアクネ菌は皮脂と空気がない環境を好みます。毛穴が塞がる事でアクネ菌の働きはさらに活発になり増殖します。そして、吹き出物が出来やすくなるという事です。

そこで、吹き出物を出なくするにはどうしたら良いのでしょうか?

生理前のホルモンのバランスが乱れる時期のお手入れは?

前に述べたように、毛穴に角質が厚く溜まる事で吹き出物が出やすくなるため、吹き出物ができやすくなる時期には、こまめに洗顔などをして肌を清潔にして余分にある角質を取ることが一番良い方法です。

そこで、おすすめする方法はピーリングです。肌が生まれ変わるサイクルを向上させることで吹き出物を出来にくくします。

他にも気になる吹き出物の痕も残りにくくさせてくれる効果もあるのです。吹き出物にはピーリングにより毛穴周辺の角質を取り除く事が一番効果的であり速攻性もあると言われています。皮膚には刺激をもたらす事なので、週に1~2回がベストです。

近年では、ピーリング剤にグリコール酸、クエン酸、リンゴ酸、乳酸、酒石酸の5つの種類の成分が導入されている物が市販でたくさん販売しています。

クレンジングシートは肌対しての刺激が比較的強いです。拭き取りタイプの物は洗い流せるタイプが比較的良いとされています。

肌が弱い人は、いきなり普通のピーリング剤を使用すると赤くなる事やヒリヒリと痛むという違う肌の問題も起こる場合があります。そのような時は注意が必要ですが、最初は弱めのピーリング剤から使い始める事で肌に少しずつ慣れさせます。そうする事で肌の代謝が上がりそれによって肌が除々に強くなってきます。

美容皮膚科で診療してもらい自分の肌に一番合った処置をしてもらう事で自分でピーリングを行うのが不安な人は不安が改善されますね。

もちろん角質が増えるという事だけが吹き出物の原因ではありません。生活習慣や食生活の乱れ他にもストレスを与える事で、どんどんホルモンのバランスを乱していきます。体の免疫が低くなるので、肌の問題を予防する事を考えている人は、まず、自分自身の生活を一度見直す事も問題の解決の大切なポイントになります。

ぜひ、これからはホルモンのバランスが乱れやすい時期にピーリングを取り入れてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます