1. TOP
  2. お悩み・効果
  3. ニキビ
  4. 女性のほとんどが悩んでいるニキビの痕!化粧水での対処方法!?

女性のほとんどが悩んでいるニキビの痕!化粧水での対処方法!?

関連のおすすめ記事

化粧水をつける女性

ニキビや吹き出物が出来てしまった時に1番気になるのは痕にならないかどうかです。その心配は年齢に関係なくあると思います。調査結果からニキビや吹き出物の痕に対してどのように対応しているかを明らかにしました。

調査の結果から半数の人がニキビや吹き出物が出た時は何もしないでそのままにしておくという結果になりました。その選択は正しいのでしょうか。ニキビや吹き出物の痕を気にする人が74%もいるのに昔に出来た痕がそのまま残している人が45%という結果になりました。

そこで、今回はニキビや吹き出物の痕が増えると言われる夏の肌に痕を残さないケアの仕方を紹介したいと思います。


ニキビの痕は種類ごとでケア方法も変える

ニキビの跡は赤みが残るものと色素沈着したもの、他にも凸凹しているものと、このように大きく3つに分けられます。

まず、赤みが残るものは、毛穴な中で炎症が起こると10年以上も赤みが残ってしまう事もがあります。それを対処するにはビタミンC誘導体が効果的です。スキンケアで化粧水の中にビタミンCが入っているものを毎日使用してケアすると炎症を起こして赤くなった赤みが薄くなります。

色素沈着してしまったものは、ターンオーバーといい新しい肌に生まれ変わらせる事が必要です。肌が生まれ変わるのを助ける成分が入っている化粧水などを使用するといいです。

残ってしまっている痕が濃くならないように普段の生活では紫外線に当たらないようにしたり、日焼け止めを塗るなどして予防する事も大切です。

そして、ニキビの痕が凸凹しているものは、肌の内側でコラーゲンやエラスチンが壊されてしまっているという事です。そんなニキビの痕にはビタミンCやコラーゲンを増やす成分取ると凸凹が小さくなったり目立たなくなったりします。

要するにニキビの痕にはスキンケアの中にビタミンCやヒトオリゴペプチドが入っているものを使用する事や、ピーリングをする方法で対処していきます。

プラチナVCセラム

必要なのはターンオーバーのお手伝いをする事

表皮の新陳代謝の事をターンオーバーといい、約28日の周期で古い角質は新しい肌に生まれ変わっていくのです。その大切な肌のサイクルであるターンオーバーを気長にケアしながら手伝っていく事が重要です。

すぐに結果が出る事が嬉しいのですがそれはなかなか難しい事なので少なくても1ヶ月は続けられるように努力しましょう。蚊に刺された痕や他の傷の痕でも無添加の化粧水で保湿してからビタミンCの成分を加えるといいです。

肌の代謝は歳を重ねるごとに低下していくものなので、歳を取れば取るほど傷の痕は消えなくなります。運動をするなどして基礎の代謝を上げる事により痕が簡単には残らない肌になる事が出来ます。

夏はアウトドアを思いっきり楽しみたい季節であり気分も上がります。何の心配もなく楽しむために日頃のケアをしっかりしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます