1. TOP
  2. お悩み・効果
  3. アンチエイジング
  4. 紫外線よりも悪影響がある太陽光とは!?

アンチエイジング

紫外線よりも悪影響がある太陽光とは!?

関連のおすすめ記事

女性

夏前になると女性にとって気になる存在はやはり〝紫外線“ですよね。しかし紫外線にもいろいろな種類があり、その中でも恐ろしいのが〝UV-A波”という話は美容に詳しい方やこだわっている方ならよくご存じだと思います。

このUV-A波は肌に浴びてしまうと肌を老化させてしまう恐ろしい紫外線なのですが、実は気を付けなければいけない太陽光というのは他にもたくさんあるのです。ここではそんな老化をさせてしまう恐ろしい太陽光について詳しく説明をしていきます。

肌を老化させる恐ろしい太陽光は!?

肌を老化させる太陽光にはどんな種類があるのでしょうか?例えば放射線紫外線近赤外線などが挙げられますよね。

実はこの太陽光はどれも危険な太陽光の種類で、当たると遺伝子が壊れて、細胞が老けてしまう、もしくは死亡してしまうことがあります。つまり肌が老化してしまうと言うわけです。

もちもん老化以外にも皮膚がんなど恐ろしい病気のリスクも持ち合わせています。

太陽の光を大別すると、可視光線近赤外線紫外線に分ける事ができ、多くの方が紫外線のみが肌に悪影響を及ぼすと思っていますが、そのほかにも害があるものももちろんあります。

つまり私たちはいつも紫外線ばかり気にして対策をしていますが、それ以外にも気を付けないと太陽光からの肌の老化を防ぐことはできないのです。

UV-A波以上に恐ろしい近赤外線とは!?

実は太陽の光には、UV-A波以上に怖い光があります。それは、近赤外線というものです。

近赤外線というものは、水、ヘモグロビンに強力に吸収されて、透明度が高い性質を持っているので、医療、工業農業に多く使われている電磁波であり、白熱球、太陽の熱や電化製品から出ている光として私たちの生活にも大変身近な存在です。

それが肌にとても悪い影響を与えてしまうのです。

老化を加速させる近赤外線!!

近赤外線は太陽の光の半分のエネルギーを持っていますが、UV-A波が肌の表面の部分までしか達しないのと比較し、近赤外線というのは恐ろしい事に肌の細部の筋肉まで達してしまうのです。

しかも近赤外線の防ぐ機能の弱い肌の薄い方が、何もしていないで毎日近赤外線に当たると、発汗水疱ができしまい、さらには赤ら顔になったり、老化が起きたりする事もあるのです。

紫外線対策はしっかりしても老けてきた、肌にトラブルがあるなんて方はもしかしたら近赤外線の影響かもしれません。

まだあまり知られていない近赤外線ですが、あまり知らない分多くの方がなにも対策をしていない恐ろしい太陽光の一つだと言えます。

是非紫外線対策に今後は近赤外線対策も加えてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます