1. TOP
  2. 成分・特徴
  3. ビタミンC誘導体成分
  4. リン酸アスコルビルMgとは?

ビタミンC誘導体成分

リン酸アスコルビルMgとは?

関連のおすすめ記事

壁際の女性

リン酸アスコルビルMgを知っていますか?これはビタミンC誘導体の種類の一つで、アンチエイジングの成分とされており、私たちの肌を若々しく保つためには必要不可欠な成分となっています。

そんなリン酸アスコルビルMgについてここでは詳しく説明をしてきます!

主な効果とは?

このリン酸アスコルビルMgにはメラニンの生成を抑えてくれる効果があるため、紫外線によってダメージを受けた肌から守ってくれたり、シミ・そばかすなど老化現象の防止にも効果が期待できたりすると成分なのです。

また、リン酸アスコルビルMgは非常に浸透率がよいマグネシウムやミネラルが含まれています。なので肌に塗って使っても皮膚細胞の奥にまで浸透しやすいのです。

基本的にはビタミンCというのは酸化する際に体内の酸化を食い止める働きをしてくれます。

しかしビタミンCが、一緒に酸素があると効果がとても落ちてしまいます。しかしその弱点も、このリン酸アスコルビルMgがあれば効果が安定してきますので、肌の細胞の奥まで届いてくれるというわけです。

また、リン酸アスコルビルMgはメラニン生成を抑える能力のとても優れているので、アンチエイジングの成分としても多くの化粧品に使われています。

乾燥とヒアルロン酸に注意!

ここで使用上において注意してほしい事があります。それは保湿力がとても低いということです。この弱点を補ってあげる為にも、リン酸アスコルビルMgが含まれた化粧品を使う際は、保湿力が高いものと一緒に使うようにしましょう。

しかしそこでも注意をしていただきたいのが、ヒアルロン酸とは一緒に使用してはいけないと言う事です。それはなぜかというと、ヒアルロン酸というのはリン酸アスコルビルMgよりも圧倒的に分子のサイズが大きいのです。

つまり一緒に使ってしまえばそのヒアルロン酸の大きな分子がリン酸アスコルビルMgの肌への浸透をジャマしてしまい、表面までしか浸透しなくなってしまいます。なのでこの両方の成分を一緒に使う事は極力避けてあげましょう

最後に・・・

肌の老化を防ぐためには必ずビタミンCが必要となってきます。そんな時により効率よく摂取するためにはその成分についてよく知っておく必要があります。

また、ビタミンV誘導体の中には刺激が強く、敏感肌の方は最初荒れてしまうという場合もあるので、成分をよく確認して顔に直接使う前に首や腕などで使用テストを行ってから使うとより安心して使っていただけると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る