1. TOP
  2. 成分・特徴
  3. その他話題の成分
  4. 話題になった加水分解コムギ。その正体とは?

その他話題の成分

話題になった加水分解コムギ。その正体とは?

関連のおすすめ記事

ボディグッズ

少し前にニュースで話題になった小麦アレルギーの原因となったお茶せっけんですが、とっても怖いですよね。ある日突然小麦アレルギーとなってしまい、小麦類が一切食べられなくなってしまいます。

パン、麺類、お菓子など、小麦粉が食べられなくなってしまうと食べ物のほとんどが制限されてしまいます。

ここではその小麦アレルギーの原因となった加水分解コムギについてご説明していきます。

加水分解コムギとは?

そもそも加水分解コムギとは一体どういった成分なのでしょうか?これは小麦タンパクを加水分解した成分のことを言います。

まず、加水分解というのは、酸素・塩酸などの成分を利用して、小さく分解をすることを指しています。なぜこのようなことを行うのというと、細かく小さく分解をすることで水に溶けやすくなるので行います。

こうして作られた加水分解コムギは、保湿力が非常に高いため、ニュースにもなった石鹸をはじめ、さらには化粧水やクリームなど、私たちが普段使っているスキンケア用の製品や、化粧品など多くの製品に配合されており、魅力的な成分に見えます。

しかし皆さんもご存じのようにとても注意していただきたい事件がニュースとなってしまいました

どうしてアレルギーになったの?

上記でも説明をしたように、この加水分解コムギはさまざまなスキンケア、化粧品で使われています。ではなぜ、石鹸の事件では元々アレルギーが見られなかった人まで小麦アレルギーが引き起こされてしまったのでしょうか?

これは原因の物質である「加水分解コムギ」が体内に蓄積されたことが原因なのです。つまり、加水分解コムギが含まれた洗顔石鹸を使って、毎日洗顔をしていると、加水分解コムギが目や鼻の粘膜に付いてしまいます。

それが日々積み重なっていくことにより、コムギが体にも蓄積されてき、その量が限界に達してしまった時に、体がこれ以上入れてはいけないと、アレルギー反応が出てしまうということです。さらにこの石鹸での事件で問題となったのが分子量にあります。

基本的には加水分解コムギの分子量というのは、1000以下にして使う場合がほとんどです。しかし、事件になった石鹸ではかなり危険な5000から6000という分子量を使っていたため問題となりました。

なぜこのようなリスクを犯してまで分子量を大きくしたのかというと、そうすることによりあの売りであった泡立てた際にもっちりとした泡が作れるからでした。

もちろん加水分解コムギが入った製品で必ずアレルギー反応が出てしまうという訳ではありません。しかし万が一ということも考えられますので、心配な場合は直接メーカーに問い合わせてもいいかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る