1. TOP
  2. お悩み・効果
  3. 角質ケア
  4. ぷるぷるつるつるのかかと美人になる方法♪

角質ケア

ぷるぷるつるつるのかかと美人になる方法♪

関連のおすすめ記事

ヒールをはいた女性

みなさんはフットケアをちゃんとやっていますか?意外とサボリがちなかかとのケア・・・夏場になっていざサンダルやミュールを履こうとした時には、かかとが「あっ、どうしよう!」ということになっていませんか?

かかとの角質が硬くなりすぎてヒビ割れや亀裂が入り、悪化すると痛み出血を伴う恐れもあります。また、水虫やにおいの原因にもなるので注意です!

こういったトラブルを防ぐためにも、やはり日ごろのケアをしっかりすることが大事です。誰に見られても大丈夫な“すべすべかかと”を作りましょう。そこで、誰でも家で簡単にできるかかとケアのやり方を紹介します。

準備するもの

1. 洗面器(両足入らなくても片足が入るぐらいの大きさのもでも大丈夫です!100円均一で売っていますよ)

2. 入浴剤もしくはバスソルト(両方とも少量でOK)

3. フットファイルもしくは軽石(できればフットファイルの方が良い)

4. クリームや乳液(仕上げに使用します。普段使用しているものでOK)

やり方

1.足湯をします。

洗面器にお湯(40℃くらい)をはって、そこに好みの入浴剤かバスソルトを入れ、足を入れて10分~15分ほど待ちます。角質が柔らかくなるまで足湯でリラックスしましょう!好きな音楽を流してもいいですよね。癒されますよ。

2.かかとを削る(その1)

角質が柔らかくなったらタオルで拭いて、よく濡らしたフットファイルの粗い面の方で角質を削ります。(注意!激しく削らないようにしましょう。そして、フットファイルが乾かないように随時、濡らしましょう)

3.かかとを削る(その2)

フットファイルの粗い面で角質が取れなくなってきたら、反対の細かい面で削ります。(細かい面でも激しく削らないようにしましょう。)だんだん、かかとの表面がすべすべに近づいてきますよ。

4.洗い流す

両足ともきれいに削れたら、シャワーなどで洗い流します。
  

5.仕上げ

タオルでしっかり拭き取ってから、クリームもしくは乳液をつけて保湿しましょう。(保湿は必ずおこなってくださいね。)冬場はそのまま靴下をはくと効果が上がります。

まとめ

どうですか?
家でも簡単にかかとのケアができますよね?サロンなどでやってもらうのも便利で気持ちいいですが、ご自身でケアされるのもなかなか良いものだと思いませんか?このように簡単にできますので、是非とも試してみてくださいね。

補足

かかとのケアは女性だけじゃないのですよ。男性もかかとは乾燥して硬くなります。パートナーと一緒にかかとケアもいいですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る